最も筋肉がつく運動後30分以内に、身体に吸収されやすいたんぱく質を摂取しましょう。

MENU

短期間で筋肉をつける方法

短期間で筋肉をつける方法を幾つかピックアップします。

 

 

摂取している食事や栄養を見直す。

筋肉になるためのたんぱく質やエネルギーになる炭水化物も摂取する必要があります。
ただし、単に摂取するだけでは駄目で、これらの栄養素を摂取するタイミングが大切になります。
1日の中で食事を摂取する回数を小分けにして、少量の食事を1日5~6回くらい摂るようにして下さい。
消化の負担を減らすことで、効率よくエネルギーが摂取出来ると言われています。

 

 

筋トレ中は水分補給も欠かせません。

水

水を摂取するようにして下さい。
筋肉にはたんぱく質だけでなく、多くの水が含まれています。
水が綺麗な状態でないと健康で上質な筋肉は作られないと言われています。
筋トレ中に水分が足りていないと、筋力低下や筋肉の持久力低下になります。

 

 

運動の間に休息をとることも大切です。

運動をする際にはカロリーを大量に燃やすだけではなくて、筋肉をつける時間も必要になります。
十分な睡眠をとる事で新陳代謝も活性化され、身体が次の運動へ向かうようになります。

 

 

運動をする際の呼吸の使い方を意識する。

呼吸法を変えるだけで効果が違ってきます。
力を入れる時は息を吐くようにして、鍛えたい部分を重点的に鍛えるようにしましょう。
腹式呼吸をして横隔膜を上下させるようにして下さい。

 

 

運動をするタイミングを考慮する。

運動をするタイミングはもちろん、摂取する栄養素などもタイミングが重要になります。
最も筋肉がつくタイミングだと言われているのが、運動後30分です。
そのため、この30分以内に身体に吸収されやすいたんぱく質として、プロテインなどを飲むようにして下さい。

 

 

いかがでしたでしょうか。
短期間で筋肉をつける方法では、単に一生懸命筋トレするだけでは駄目です。
摂取する栄養素や運動するタイミングなどを考えながら、効率よく行う必要があります。
短期間で成果をあげたい方は、これらの”短期間で筋肉をつける方法”を参考にして筋トレを行ってみて下さい。

 

ゆっくりでもいい…とお考えの方は”長期間で筋肉をつける方法”をご覧ください。