ランニング前に筋トレを行うことで、体の脂肪が燃焼しやすい状態になります。

MENU

ランニングでトレーニング

ランニングのイラスト

ランニングは有酸素運動の1つで、筋トレと併行して行う事でより筋肉を効果的につける事が出来ます
また、心肺機能を強化する事もできます。

 

併行して行う場合には、事前に5~10分程度有酸素運動を行い、その後筋トレを行った後にランニングをするのがおすすめです。
すると成長ホルモンを効果的に分泌させる事が出来、脂肪をより燃やして筋肉をつけることができます

 

5~10分の有酸素運動を行うのは、筋トレ前に血流や心肺を整える事により、体の安全性と脂肪燃焼や筋肉をつけるという効果の両方を上げる事が出来る為です。

 

筋トレは大きな負荷でやればやるほど、体の脂肪が燃焼しやすい状態になります。
ランニングは有酸素運動の効果を発揮できるように20~30分は続けるようにしましょう。

 

気をつけるべき点は、筋トレを激しく行った後は体が疲労しているので、無理をしない軽いペースのランニングにしておく事です。
無理してハイペースで走ってしまうと、体の故障を引き起こす可能性があります。

 

ランニングの後は必ずストレッチを行い、ゆっくり体の筋肉をほぐすようにしましょう。
お風呂などでマッサージするのもおすすめです。

 

ランニングのイメージ

 

ランニングをするだけで、脂肪燃焼以外にも、生活習慣の予防などの健康改善美肌効果ストレス解消脳の活性化などさまざまな効果を得る事が出来ます。

 

筋トレやランニングを行う時間帯は夕方がおすすめです。
仕事などでどうしても夕方にトレーニングできず、朝や夜になってしまう人は、しっかりと準備運動を行ってから行うようにしましょう。
朝は水分補給や糖質補給を行うようにし、夜は夕食直後は避け、就寝する2~3時間前にはトレーニングを終えられるようにしましょう。
また、足元がきちんと確認できるような明るい道を選んで走るようにしましょう。