魚や野菜を中心にしたメニューに改善し、筋トレや有酸素運動を継続しましょう。

MENU

長期的に筋肉をつける方法

長期間に渡りゆっくり筋肉をつける方法について紹介致します。

 

年齢を重ねるごとに代謝が落ちてくるため、筋肉はもちろん、ダイエットで脂肪を落とすのもなかなか難しくなってきます。

 

そのため、30代や40代の方へは運動と食事で長期的にゆっくり筋肉をつける方法をおすすめします。

 

筋肉は筋トレを始めた当初はつきやすく見た目にも変わってきますがその後停滞します。
せっかくつけた筋肉を維持するには、摂取する栄養素などが大切です。

 

筋トレの30分後以内に、筋肉を司るたんぱく質を効率的に摂取するようにして下さい。
お手軽に摂取する方法にプロテインなどがあります。

 

また、筋トレで筋肉をつけるには休養も必要になります。

睡眠

休養をとらず短期間で筋肉をつけようとすると、傷ついた筋繊維が修復されず筋繊維が大きくなりません。
筋繊維が大きくならないと筋肉が成長しません。
しっかりと休養や睡眠をとる生活を心がけて下さい。

 

長期的にゆっくり筋肉をつけると、その期間を利用してダイエットを行うことも出来るためメリットが多くあります。
落ちにくい皮下脂肪は、皮膚のすぐ下の部分に脂肪がついてしまっていて、消費するのが大変なものです。この皮下脂肪を落とすには有酸素運動がおすすめですが、短期間では効果が出にくいです。
有酸素運動はウォーキングなどの簡単なもので構いませんが、1回につき30分以上は行う必要があります。
運動をしてエネルギーを消費するという生活を長期的に継続する必要があります。

 

 

また、食事も気をつけなければいけません。

食事はコレステロールを減らし、魚や野菜を中心にしたメニューに改善しましょう。
代謝を良くするために果物などで、ビタミンやミネラルを豊富に摂取するようにして下さい。

 

いかがでしょうか。
以上のことから、長期的にゆっくり筋肉をつけるには運動に加え、食生活の見直しと休養が必要になります。
また、当然ながら筋トレや有酸素運動を継続することが必要になります。

 

自宅でトレーニングする場合でもジムで筋トレをする場合でもやめてしまっては筋肉はすぐに落ちてしまいます。
自分のライフスタイルに合わせて変えられる部分から少しづつ変えるようにして下さい。