筋トレ後30分以内にたんぱく質として、プロテインを飲むことをおススメします。

MENU

細マッチョと食生活は関係

筋トレと食生活には密接な関係があると言えます。
身体が栄養不足の状態で筋トレをしても、逆に筋肉は衰えてしまいます。
そのため、筋トレをする時にはしっかりと栄養をとる必要があります。

 

成人男性の一日の一般的な摂取カロリーは、2200kcalと言われています。
これに、トレーニングで消費する約500kcalを足す必要性があります。

 

筋肉はたんぱく質で出来ているため、摂取する栄養が筋肉となって見た目も変わってきます。
筋トレを行った直後にたんぱく質を摂取すると、筋肉になり、トレーニングの効果も高くなると言われています。

 

筋トレ後、30分以内くらいにたんぱく質を摂取するようにして下さい。

筋トレやボディビルなどを始めたばかりの人が「プロテインを飲む」という話を聞いたことのある方も多いかと思います。
これは、上述したように、筋トレした直後にたんぱく質を摂取して筋肉に変えるためにプロテインを飲んでいることが理由です。

 

また、筋肉を動かす炭水化物やブドウ糖も補給するようにしましょう。

通常の食生活ではコレステロールなど脂質の多いものを減らし、鶏のササミや野菜、海藻類を中心にした食生活にするとより効率的に筋肉がつき、ダイエットも成功しやすくなると思います。

 

一度に摂取する量を減らし、回数を増やして食事するようにして下さい。

1日3食の方は、1日5~6回に分けても良いと思います。
たんぱく質と炭水化物をバランスよく、消化の負担を減らすように摂取するタイミングと量をこだわるようにしましょう。

 

いかがでしょうか。
以上のことから、筋肉と食生活は深い関わりがあり、筋トレで成果を出し筋肉をつけるには食生活もこだわった方がいいと言えます。
筋トレをする際は、筋肉に良い栄養や食事をタイミング良く摂取するようにして下さい。